SaAT Netizenによるウイルス検知について

SaAT Netizenのウイルス検知方法とは

SaAT Netizenのウイルス検知機能には「プロセス監視」と「システムスキャナー」の2種類があります。

プロセス監視

「プロセス監視」とは、パソコン内で活動を始めたウイルスを自動的に検知する機能です。

SaAT Netizenの起動中は、何もしなくてもウイルス検知が働きます。導入事業者のページにアクセスすると、SaAT Netizenは自動で起動いたします。
パソコン画面の右下に図1のようなパネル(SaAT Netizen本体画面)表示があれば、SaAT Netizenが起動しています。
SaAT Netizen本体画面左側のロゴは各事業者により異なります。

SaAT Netizen本体画面

図1:SaAT Netizen本体画面

起動中にウイルスを発見すると図2のようなウインドウが表示され、検知したことをお知らせします。
ウイルスを検知した場合の駆除方法についてはこちらをご覧ください。

サート・ネチズンが起動している状態ならひとまず安心
プロセス監視時のウイルス検知画面

図2:プロセス監視時のウイルス検知画面

システムスキャナー

「システムスキャナー」とは、パソコン内に隠れたウイルスを一斉に検知(スキャン)する機能です。隠れたウイルスによる危険を軽減するため、定期的にスキャンを実施することをおすすめします。

システムスキャナーはSaAT Netizen本体画面から開始できます。スキャン方法には「指定スキャン」と「簡易スキャン」の2つの方法があります。

指定スキャン

パソコン内の場所を指定して、その中の隅々をスキャンします。お時間に余裕のある場合は、ぜひ、「指定スキャン」を実施してください。「指定スキャン」を行うことでより詳細なスキャンが可能です。
※パソコンの容量が大きいと、スキャンに時間がかかる場合があります。

簡易スキャン

ウイルスが潜伏しやすい場所に絞ってスキャンします。
(指定スキャンとくらべて短時間で終わります。)

パソコン内に隠れてるウイルスもいるのね。スキャンはどうやってやればいいのかしら?

システムスキャナーでのウイルス検知方法

「システムスキャナー」を実施する場合の手順についてご説明いたします。

icon alert

ご利用のパソコン環境によっては、スキャンに時間がかかる場合があります。
また、システムスキャナーの実行中はパソコンに負荷がかかるため、動作が重たくなる可能性がありますので、他の作業をすべて終了してから実行するか、もしくはお時間の余裕がある際に実行して頂くようお願いいたします。

指定スキャン
Step1

SaAT Netizen本体画面(図3)から①のアイコンをクリックすると、サブパネル(図4)が表示されます。
サブパネルが表示されたら、②の「虫めがねのアイコン」をクリックします。

SaAT Netizen本体画面

図3:SaAT Netizen本体画面

①
→
Netizenサブパネル

図4:サブパネル

Step2

スキャン場所を指定するウィンドウ(図5)が表示されますので、③の「指定スキャン」をチェックし、④の「システムスキャナー開始」ボタンをクリックします。クリック後、指定スキャンが開始します。
※③で「簡易スキャン」をチェックすると、簡易スキャンの実施に切り替わります。

スキャン選択画面

図5:システムスキャナー選択画面

Step3

システムスキャナーが起動すると、実行中のウィンドウ(図6)が表示されます。スキャンの進行状況をこのウィンドウで確認できます。
スキャンが完了し、ウイルスが検出されなければスキャン完了のウィンドウ(図7)が表示されます。⑤の「閉じる」ボタンを押して終了となります。

システムスキャナー実行中画面

図6:システムスキャナー実行中画面

→
システムスキャナー完了画面

図7:システムスキャナー完了画面

簡易スキャン
Step1

SaAT Netizen本体画面(図8)が表示されている状態で①の虫めがねのアイコンをクリックしてください。
スキャンのウィンドウが表示され、簡易スキャンが自動的に始まります。
虫めがねのアイコンの位置は各事業者により多少異なります。

SaAT Netizen本体画面

図8:SaAT Netizen本体画面

①
Step2

簡易スキャン中は実行中のウィンドウ(図9)が表示されます。スキャンが完了し、ウイルスが検出されなければスキャン完了のウィンドウ(図10)が表示されます。②の「閉じる」ボタンを押して終了となります。

システムスキャナー実行中画面

図9:簡易スキャン実行中画面

→
システムスキャナー完了画面

図10:簡易スキャン完了画面

SaAT Netizenでウイルスを駆除するには

システムスキャナーでのウイルス検知方法

ウイルスが検出されたと言われてもどうすればいいんだ。駆除する方法が分からない。

SaAT Netizenがウイルスを検知すると、「悪性コードが検知されました」というお知らせウィンドウ(プロセス監視時:図11、システムスキャナー時:図13)が表示されます。
①の「駆除する」ボタンをクリックして、すみやかに駆除を行ってください。
駆除が完了すると、結果のウィンドウ(図12、図14)が表示されます。
※駆除完了後、パソコンの再起動が必要な場合があります。

プロセス監視でのウイルス検知の場合

ウイルス検知お知らせ画面

図11:ウイルス検知お知らせ画面

→
ウイルス駆除結果画面

図12:ウイルス駆除結果画面

システムスキャナーでのウイルス検知の場合

ウイルス検知お知らせ画面

図13:ウイルス検知お知らせ画面

→
ウイルス駆除結果画面

図14:ウイルス駆除結果画面

画面がでてきたらボタンを押すだけで駆除できるんだ。これなら簡単だな。

駆除したファイルは、自動的にSaAT Netizenのバックアップセンターでバックアップ、管理されます。
バックアップセンターでは、バックアップされたファイルの確認や復元、バックアップからの削除ができます。
※バックアップされたウイルスが活動することはありません。

SaAT Netizenインストールのご案内

SaAT Netizenをまだインストールされていない方は、この機会にぜひインストールしてください。
SaAT Netizenのダウンロードは各提供事業者サイトから無料で行えます。

無料

PAGE TOP