SaAT Netizenによるウイルス検知について

利用規約

「SaAT Netizen(サート・ネチズン)」利用規約

セキュリティソフトウェア「SaAT Netizen」(以下、「本ソフトウェア製品」と言います)をインストールする前に、必ず利用規約をお読みください。インストールされた時点で、当利用規約に同意いただいたものとします。ご同意いただけない場合はすみやかに本ソフトウェアを破棄してください。
以下において、「お客様」とは、本規約に同意し本ソフトウェア製品の全部、又は、一部を設置、複写、使用する個人を意味します。
以下において、「使用」とは、本ソフトウェア製品がコンピュータの主記憶装置や補助記憶装置、CD-ROM、その他の保存装置に保存されているか、設置、実行、又は、画面に表示されるように行うすべての行為を意味します。
以下において、「コンピュータ」とは、文脈によってコンピュータ一般、サーバーコンピュータ及び(又は)クライアントコンピュータを意味します。
本ソフトウェア製品は、著作権法、その他知的財産権関連の法律及び著作権に関する国際協約によって保護されます。
本ソフトウェア製品は、コンピュータソフトウェア、記録媒体、印刷物及びオンライン文書や電子文書、本ソフトウェア製品と付属文書に伴われるすべての実行ファイル、追加機能、使用説明書、ヘルプファイル、その他ファイルを含みます。

第1条 ソフトウェア使用権

ネットムーブ株式会社及び株式会社アンラボ(以下、二社をあわせて「当社」と言います)は、お客様に対して本ソフトウェア製品を使用できる非独占的で譲渡不可能な権利を許諾します。

第2条 自動アップデート及び、その他サービスの提供

本ソフトウェア製品には自動アップデートのため、インターネットを通じて通信を実行する機能が含まれています。本ソフトウェア製品が自動アップデートされる場合、必要によって任意のファイルがお客様のコンピュータに設置されます。本規約に同意する事をもって、設置前にお客様の同意を別途に得ることなく、自動アップデートに同意するものとします。

第3条 知的財産権

お客様には本ソフトウェア製品に対する非排他的な使用が許諾されるのみであり、本ソフトウェア製品に対する特許権、著作権、その他一切の知的財産権(以下、知的財産権と言います)は当社に帰属します。従って、本ソフトウェア製品の設置・使用などによって本ソフトウェア製品に対する知的財産権等はお客様に移転されるものではなく、本規約による使用許諾は、本ソフトウェア製品に対する知的財産権等の移転、又は販売として解釈されることはありません。本ソフトウェア製品に関するすべての権利は当社にあります。

第4条 データ収集及び使用

1) データ

当社は本ソフトウェアの品質及び性能改善のために、お客様が本ソフトウェア製品の使用中に発見された下記の情報を、収集することができます。
この情報には個人を識別する情報は含みません。また、この情報を元に統計情報として一般に公開する場合があります。
本規約への同意を解除した場合においても、解除前に収集したデータの返却、破棄はできません。

  1. お客様のコンピュータのハードウェア及びソフトウェア情報
    例: OSバージョン、サービスパックバージョン、実行可能なファイルに対する情報(名称、ファイル名、日付、ハッシュ値、圧縮の有無及び形式、バージョン情報)及び悪性行為を誘発した非実行ファイルに対する情報(名称、ファイル名、日付、ハッシュ値、圧縮の有無及び形式、バージョン情報 )
  2. システムファイルの操作や重要プロセスにアクセスするような潜在的セキュリティ脅威になりうるプログラムの動作の情報やその動作を遂行したものとして判断されるプロセスや応用プログラムの情報
    例: 悪性行為を誘発する関数のパラメーター、動作を遂行するモジュール名とモジュールハッシュ値、悪性行為を遂行するプロセスがロードしたモジュール目録、悪性行為を遂行したコードのあるスタック、又は、ヒープメモリコンテンツ、悪性コードが配布されるURL情報
  3. 潜在的セキュリティ脅威によって送受されたデータサンプル
    例: DDoS攻撃を遂行したものと思われるプロセスがやり取りしたパケット、又は、生成したファイル
  4. ウェブブラウザなどを通じてダウンロードされた応用プログラムに対する情報
    例: ファイル名、URL、IP、ファイルの大きさ、署名者
  5. 悪性コードに対する診断情報
2) その他情報

当社は本ソフトウェア製品に対する支援及び品質改善のために、お客様が使用している製品のバージョン、エラー情報等の個人を識別できない情報を収集することができます。
収集したデータは、統計資料として活用されます。

第5条 その他権利及び制限事項

1) 使用、複写、変更に対する制限

お客様は原則的に本ソフトウェア製品に対する当社の知的財産権を侵害する行為をすることができません。また本ソフトウェア製品を使用して二次著作物を作ることはできません。お客様は本ソフトウェア製品から知的財産権に対する表示、マーク、ラベルなど権利管理情報を除去することはできません。お客様は本規約において明示的に許容する場合を除き、本ソフトウェア製品をリバースエンジニアリングすることはできません。当社の書面による事前の同意なしに本ソフトウェア製品の全部、又は、一部を使用、複写、翻訳、再配布、出版、販売、貸与、賃貸、売買、質権設定、担保設定、移転、変更、修正、又は、拡張などを行うことはできません。

2) 使用者権限の借用

当社は、悪性コードの手法の進化に伴い、それに対する分析、診断、駆除または隔離等の処方(以下、治療と言います)機能を効率的にお客様に提供し、お客様の本ソフトウェア製品使用に対する効果を最大化するため、お客様のコンピュータの使用者権限(システムに治療のための管理者臨時アカウント生成など)を一時的に借用することができます。
このような使用者権限の借用は、本ソフトウェア製品が動作し、悪性コードを分析、診断、治療する時のみに限定され、それ以外の場合にはお客様の権利を侵害することはありません。

3) 譲渡禁止

お客様は本ソフトウェア製品の利用権限、その他利用契約上の地位を他人に譲渡、贈与することができず、また、これを担保として提供することもできません。

4) 本規約への同意解除

お客様はいつでも本ソフトウェア製品をすべて永久破棄することにより、本規約への同意を解除することができます。お客様が本規約を遵守されない場合、当社はお客様の本規約への同意を解除することができます。
本規約への同意が解除される場合、お客様は本ソフトウェア製品を永久破棄しなければなりません。

5) 本ソフトウェア製品の改訂等

当社は本ソフトウェア製品のアップグレードバージョン、又は、新製品がリリースされた場合、その内容をお客様にお知らせします。また、当社が合理的と判断した期間については、旧バージョンに対するパッチファイルの提供等を含むすべての顧客支援サービスを提供することができます。当社のお客様に対する告知はホームページや本ソフトウェア製品内で行います。ただし、当社が合理的と判断した場合、事前の予告無しに、本ソフトウェア製品を改良、変更する事ができます。

6) サービス終了

あらかじめ表示した期限の満了前であっても、当社はいつでも本ソフトウェア製品の使用を終了することができます。事前の予告なしに本ソフトウェア製品の使用を一時的または長期的に停止または中止にすることがあります。

第6条 保証及び責任の範囲

本ソフトウェア製品のダウンロード・インストールはお客様の責任において行っていただきます。当社は本ソフトウェア製品がお客様の要望にかなうものであること、本ソフトウェア製品の操作に障害が発生しないこと、および、本ソフトウェア製品の内容に誤りがないことを保証するものではありません。当社は本ソフトウェア製品の使用により生じたいかなる損失及び損害について当社の予見の可能性の有無を問わず、一切の責任を負う事はありません。

第7条 裁判管轄

本規約に起因して紛争が生じた場合には、東京地方裁判所を管轄の裁判所とします。

第8条 本規約の変更等

本規約は当社が所定の方法(ホームページでの掲載等)により、変更内容を公表する事により、当該公表日をもって任意に変更ができます。

ネットムーブ株式会社 東京都千代田区六番町6
株式会社アンラボ  東京都港区芝四丁目13番2号

PAGE TOP