本サービスはネットムーブ株式会社が提供しています

他社セキュリティ製品との共存時の問題解決

他社セキュリティ製品の中には、SaAT Netizen のインストールや起動をブロックさせるものがあります。
また、SaAT Netizenとの併用時、一部お客様の環境下では「ページが表示されなくなる」などの症状も確認されております。
これは、他社製品がアップデートなどで仕様や設定を変更し、動作に影響を及ぼすことが原因と考えられます。特に、パソコンへの負荷が高まる場合、動作が遅くなる症状が発生しやすくなります。

製品別の症状例と対処方法

製品名 SaAT Netizenのインストールや起動時 SaAT Netizen起動後の併用時
ウイルスバスター、NTT フレッツ・ウイルスクリア(トレンドマイクロ製品) >>症状例(1)と対処方法はこちら >>症状例(2)と対処方法はこちら
ノートン
(シマンテック製品)
>>症状例(1)と対処方法はこちら >>症状例(2)と対処方法はこちら
マカフィー >>症状例(1)と対処方法はこちら >>症状例(2)と対処方法はこちら
ウイルスセキュリティZERO
(ソースネクスト製品)
>>症状例(1)と対処方法はこちら >>症状例(2)と対処方法はこちら
カスペルスキー >>症状例(1)と対処方法はこちら >>症状例(2)と対処方法はこちら
ESET >>症状例(1)と対処方法はこちら >>症状例(2)と対処方法はこちら
Spybot
(スパイウェア対策製品)
>>症状例(2-C)と対処方法はこちら
その他、他社製品 >>症状例(1)と対処方法はこちら >>症状例(2)と対処方法はこちら
SaAT Personal
(SaAT製品)

SaAT Personalは、SaAT Netizenの提供元であるネットムーブ株式会社が取り扱う、セキュリティ対策ソフトです。

※SaAT製品を提供するネットムーブ株式会社のページです。金融機関などのSaAT Netizen導入事業者によるページではありません

【 症状例(1)】SaAT Netizenのインストールや起動時

【 症状例(1-A)】
  • ダウンロードページが表示されない
  • 他社セキュリティ製品が警告を表示して、インストールが正常に完了しない
  • インストールを完了したが起動せず、Windowsのタスクトレイ内にSaAT Netizenのアイコンも表示されない
初回アップデート画面 SaAT Netizenのアイコンがタスクトレイに表示

正常起動時の表示例(左:初回アップデート画面/右:タスクトレイ内のSaAT Netizenアイコン)

【 症状例(1-A)への対処方法】

他社セキュリティ製品のファイアウォール機能により、ダウンロードページへのアクセスや、SaAT Netizenによるネットワーク通信が遮断されている可能性があります。他社製品の機能設定を確認し、遮断中の場合は許可してください。

※他社製品についてご不明な点は、該当製品のサポートセンターや、パソコン環境を設定された方へお問い合わせください。
※パソコンのリソースや通信環境によっては、他社製品の影響に関わらず、起動に時間を要する場合があります。

【 症状例(2)】SaAT Netizen起動後の併用時

【 症状例(2-A)】
  • パソコンの動作やウェブページの表示が遅くなる
  • ウェブページが表示されない
異常時ページ表示

ページ表示の異常例

【 症状例(2-A)への対処方法】

他社製品(セキュリティ製品やブラウザツールバー)による影響を受けて、ネットワーク通信などの動作に異常が生じている可能性があります。SaAT Netizenや他社製品の設定を変更することで、改善される場合があります。
SaAT Netizenの設定変更では、ファイアウォールをOFFにして、症状の解消をご確認ください。

ファイアウォールをOFFにする手順

SaAT Netizen本体画面からファイアウォールを選択し、ブラウザを再起動してください。

ファイアーウォールOFFにする

※OFFにしても解消されない場合、パソコンの再起動もお試しください。
※OFFにする場合、他社製品によるセキュリティもご確認の上、任意で設定変更されるようお願いいたします。

【 症状例(2-B)】
  • ウェブページ上での文字入力で異常が発生する
【 症状例(2-B)への対処方法】

SaAT Netizenのアンチキーロガー機能が、他社製品(セキュリティ製品やブラウザツールバー)やパソコン環境(キーボードの種類やドライバ)の影響を受けている可能性があります。SaAT Netizenや他社製品の設定を変更することで、改善する場合があります。
SaAT Netizenの設定変更では、アンチキーロガーをOFFにして、症状の解消をご確認ください。

アンチキーロガーをOFFにする手順

SaAT Netizen本体画面からアンチキーロガーを選択してください。

アンチキーロガーOFFにする

※OFFにした場合、セキュリティ性を保つため、ソフトウェアキーボードを使用できるページでは、その使用を推奨いたします。
※他社製品についてご不明な点は、該当製品のサポートセンターや、パソコン環境を設定された方へお問い合わせください。

【 症状例(2-C)】
  • SaAT Netizenから「HOSTSファイルの変更」が警告される
HOSTSファイル警告画面

HOSTSファイル変更の警告

【 症状例(2-C)への対処方法】

HOSTSファイルとは、ウェブサイトの”住所録”に相当する、Windowsのシステムファイルです。SaAT Netizenは、このHOSTSファイルを監視し、変更を検知すると警告します。
HOSTSファイルが変更される要因は、下記のとおりです。

(1)詐欺行為などを目的としたウイルスによる改ざん
(2)Spybotなど他社製品のセキュリティ機能による保護
(3)ユーザーによるHOSTSファイルの編集・変更

(2)や(3)を確認できた場合、警告から「いいえ」ボタンを選択して変更を承認し、警告の発生解消をご確認ください。
それ以外は(1)の可能性があります。警告から「はい」ボタンを選択して変更を取り消しの上、ウイルスの検知・駆除を実行することを推奨いたします。

>>SaAT Netizenによるウイルス検知・駆除方法についてはこちら

なお、(2)や(3)を確認し、変更を承認した後も警告が再発する場合は、SaAT NetizenのHOSTSファイル監視機能をOFFにして、再発の解消をご確認ください。

HOSTSファイル監視機能をOFFにする手順

Windowsのタスクトレイ内からSaAT Netizenのアイコンデスクトップアイコンを右クリックし、メニューから「HOSTSファイル監視」を選択してください。

アンチキーロガーOFFにする

※OFFにする場合、他社製品によるセキュリティもご確認の上、任意で設定変更されるようお願いいたします。
※他社製品についてご不明な点は、該当製品のサポートセンターや、パソコン環境を設定された方へお問い合わせください。