SaAT Netizenによるウイルス検知について

よくあるご質問

SaAT Netizen よくあるご質問

サポートに寄せられた質問を掲載しています。また、製品の詳しい説明についてはオンラインヘルプをご覧ください。

SaAT Netizenオンラインヘルプへ

質問一覧

よく寄せられる質問
SaATへのアップデート
インストール
起動・利用条件
操作方法
その他

よく寄せられる質問

Q.
他社セキュリティ製品を使っていますが、「SaAT Netizen」を使っても大丈夫ですか?
A.

基本的には問題ありません。ただし、他社製品の中には、SaAT Netizen のような「セキュリティソフト」をブロックする設定がされているものがございます。そのため、正常なインストールや動作のために、予め次の点をご確認ください。

インストールを始める前に

他社製品側の設定で、SaAT Netizen のインストールやネットワーク通信などの動作が許可されていることをご確認ください。ご不明な点は、該当製品のサポートセンターや、パソコン環境を設定された方へお問い合わせください。

同時使用で異常が発生した場合

パソコンや SaAT Netizen の動作に異常が見受けられる場合、お使いの環境や他社製品の機能が影響している可能性があります。他社製品や SaAT Netizen の設定を変更して、症状の改善をお試しください。

セキュリティ製品別の症状例や改善手順の詳細は、以下のリンク先をご参照ください。
>>他社セキュリティ製品との共存時の問題解決

Q.
「SaAT Netizen」の起動や動作が安定しないのですが。
A.

パソコンの電源を常時ONにされているなど、お客様のご利用環境によっては、SaAT Netizenの最新のバージョンが反映されていない場合があります。
パソコンの再起動やSaAT Netizenの再インストールを実施いただくことで最新のバージョンが適用され、改善される場合があります。

※ SaAT Netizenは起動時に自動アップデートを行いますが、ドライバ関連等のアップデートの場合、パソコンの再起動が必要になる場合もあります。

Q.
「SaAT Netizen」を使った方がいいのですか?(使わないといけないですか?)
A.

「SaAT Netizen」の使用はお客様の任意で、パソコンのセキュリティ対策に不安がある方に使用をオススメしています。
例えば、もともとインストールされているセキュリティ対策製品のライセンスを更新していない、という方はセキュリティ製品が正しく動作していない可能性があります。
そのような場合に「SaAT Netizen」を使用することにより、セキュアな環境で事業者のサービスをご利用いただくことができます。
また、「SaAT Netizen」には他社製品にはないキーロガー対策の "アンチキーロガー"という機能があります。他社製品と併用してお使いいただくことで、よりセキュアな環境を作ることができます。

Q.
複数のウィンドウを開いていた場合、「SaAT Netizen」は有効になりますか?
A.

はい、有効となります。
「SaAT Netizen」は、本体が起動された事業者のサイトを監視します。複数のウィンドウの中にその事業者のサイトが含まれていれば「SaAT Netizen」は起動し続けることができます。

Q.
アンインストールはどのようにしたらよいですか?
A.

以下の手順でアンインストールを行ってください。
Windows7をご利用のお客様
お使いのブラウザを終了後、「スタート」>「コントロールパネル」>「プログラム」>「プログラムと機能」を選択します。「プログラムのアンインストールまたは変更」にてプログラムの一覧が表示されますので、「SaAT Netizen」を右クリックして「アンインストール」を選択してください。
Windows8.1またはWindows10をご利用のお客様
画面左下のWindowsマークを右クリック > 表示された項目の一番上「アプリと機能」または「プログラムと機能」を選択します。アルファベット順に表示されたアプリケーションの中で、Sから始まる「SaAT Netizen」を選択し、アンインストールをクリックしてください。

なお、Google Chrome、FirefoxでSaAT Netizenをご利用いただいていた場合には、拡張機能を各ブラウザの設定からアンインストールする必要があります。
詳細につきましては、以下のリンクをご参照ください。
>>Google Chrome、FirefoxでのNetizen拡張機能アンインストールについてのご案内

Q.
PhishWall(PhishWallプレミアム)を使用しているのですが、「SaAT Netizen」と一緒に使用しても大丈夫ですか?
A.

はい。大丈夫です。「SaAT Netizen」と一緒にご利用いただけます。
※パソコンの使用状況や環境によっては、動作に影響が及ぶ可能性があります。

Q.
Rapport(ラポート)を使用しているのですが、「SaAT Netizen」と一緒に使用しても大丈夫ですか?
A.

はい。大丈夫です。「SaAT Netizen」と一緒にご利用いただけます。
※パソコンの使用状況や環境によっては、動作に影響が及ぶ可能性があります。

Q.
Google Chrome を使用しているのですが、毎回「Chrome バージョンサポートの設定を完了しました。Chromeを再起動してください。」とダイアログが出ます。どのようにしたらよいですか?
A.

現在、Google Chrome にて SaAT Netizen をご利用されている一部のお客様の環境で、Google Chrome の再起動を促すダイアログが出る現象が確認されております。

詳細につきましては、以下のリンク先をご参照ください。
>>Google Chrome にて SaAT Netizen をご利用の方へ

Q.
パソコン起動時に「以下のブラウザではSaAT Netizenがご利用いただけません」とダイアログが出ます。どうすればいいですか?
A.

「SaAT Netizen」が未対応のバージョンのブラウザをインストールされている場合、このダイアログが表示されます。
未対応時の表示例
ブラウザは自動アップデートによって、未対応のバージョンになる場合があります。「SaAT Netizen」を利用される際は、対応ブラウザ(ダイアログに表示されないブラウザ)をご使用ください。

対応バージョンの最新状況は、以下のリンク先をご参照ください。
>>各ブラウザへの対応状況

Q.
「SaAT Netizen」利用規約のダイヤログで「同意しない」を選択したら、今まで自動起動で利用していた事業者で自動起動できなくなってしまいました。
A.

「SaAT Netizen」利用規約に「同意しない」をクリックすると、その時点で「SaAT Netizen」の設定から、自動起動が外れてしまい、他の「SaAT Netizen」導入事業者でも自動起動しなくなってしまいます。自動起動に戻すには、以下の手順で行ってください。

《1》
WindowsのタスクトレイからSaAT Netizenのアイコンを右クリックし、タスクトレイメニューを表示します。

《2》
タスクトレイメニューの「SaAT Netizen 自動起動」の項目にチェックを入れてください。これで自動起動がONの状態となります。

自動起動への切り替え画面

Q.
SaAT Netizenをインストールすると、特殊記号を含む名前の隠しフォルダがローカルディスクに作成されました。このフォルダは何でしょうか?
A.

ランサムウェアというウイルスを検知するため、SaAT Netizenが作成したフォルダです。パソコンに影響を及ぼすものではありません。
※ランサムウェアはパソコンのファイル等を使用不能にし、元に戻すための身代金(ransom)を要求します。この被害を防ぐため、SaAT Netizenはおとり役の隠しフォルダを作成し、ランサムウェアによるアクセスを検知します(「Decoy」検知 )。

隠しフォルダを作成しない方法

SaAT Netizenの「不正実行遮断」機能をOFFにすると、フォルダ作成が停止されます。ただしOFFの状態では、ブラウザ経由によるウイルス感染等の危険性が高まります。そのため機能はONにして、SaAT Netinzenをご利用いただくことを推奨いたします。

Q.
「不正送金対策にご協力をお願いします」という表示がでてくるがこれは何ですか。
A.

SaAT Netizenが安全なソフトウェア、ファイルとして識別できないものやそれに関わる情報を収集させて頂き、SaAT Netizenにおけるウイルス検知の精度向上にご協力をお願いするためのお知らせ画面です。


収集した情報はクラウド上にあるシステムに集積し、悪性か否かの分析を行います。分析の結果、悪性である場合は速やかにパターンファイルが更新され、SaAT Netizenに反映されます。ご協力はお客様の任意です。

機能の詳細については以下のリンクをご参照ください。
>>不正送金対策へご協力について

SaATへのアップデート

Q.
「nProtect Netizen」 から 「SaAT Netizen」へのアップデート方法を教えてください
A.

下記より「SaAT Netizenのインストールページ」にアクセスし、インストール手順に従ってインストールしてください。また、インストール時に「nProtect Netizen」がインストールされている場合は、自動的にアンインストールしてから「SaAT Netizen」がインストールされます。
>>SaAT Netizen インストールページ

Q.
「SaAT Netizen」 の利用は有料ですか?
A.

無料でご利用いただけます。

Q.
「SaAT Netizen」 と 「nProtect Netizen」 の違いを教えてください
A.

「SaAT Netizen」では、従来の「nProtect Netizen」のセキュリティ対策に加え、最新の攻撃手法に対応しました。また、「SaAT Netizen」ではInternet Explorerだけではなく、Google ChromeやFirefoxなどマルチブラウザに対応しています。
※Google Chrome、また Firefox については最新版から一つ前のリリース版に対応しています。対応バージョンの最新状況は、以下のリンク先をご参照ください。
>>各ブラウザへの対応状況

Q.
「nProtect Netizen」はいつまで利用可能ですか?
A.

2014年4月1日以降、「nProtect Netizen」はご利用いただけなくなりましたので、下記より新サービス「SaAT Netizen」のご利用(無料)をおすすめいたします。
>>SaAT Netizen インストールページ

Q.
「nProtect Netizen」を新規でインストールはできますか?
A.

2013年12月3日以降、「nProtect Netizen」は新規でインストールできません。後継の新サービス「SaAT Netizen」をご利用ください。

Q.
Internet Explorer 6 で 「nProtect Netizen」 を使用していましたが、SaAT Netizen では使用できませんか?
A.

「SaAT Netizen」ではInternet Explorer 6には対応しておりません。ご利用のInternet Explorerのバージョンを上げてからご利用いただくか、Google Chrome、Firefoxをご利用ください。
※Google Chrome、また Firefox については最新版から一つ前のリリース版に対応しています。対応バージョンの最新状況は、以下のリンク先をご参照ください。
>>各ブラウザへの対応状況

インストール

Q.
「SaAT Netizen」のインストールにかかる時間はどれくらいですか?
A.

接続状況によりますが、光・ADSL回線なら約3~5分以内でインストールは終了します。 ※モデム、PHS などのダイヤルアップ接続でもインストールは可能ですが、回線速度上、推奨しておりません。

Q.
管理者権限のないアカウントでインストールできますか?
A.

管理者権限(Administrator権限)のないアカウントでは、インストールができません。権限を変更の上、ご利用ください。

Q.
「SaAT Netizen」を利用可能なOSとブラウザについて教えてください
A.

SaAT Netizenは、下記のシステムにて動作確認をしております。

 

各ブラウザへの対応状況 (2020.09.01更新)

SaAT Netizenの保護機能を有効にして、事業者サイトへアクセスするには、下記 SaAT Netizen対応ブラウザの中から、各サイト推奨のものをご利用ください。

OS ブラウザ
Edge Internet Explorer Google Chrome Firefox
Windows 10 85 ※1
84 ※1

11 85
84

80
79

Windows 8.1 ※2 - 11
Windows 7 - 11
- 10
- 9
- 8
Q.
「SaAT Netizen」は、導入事業者ごとに毎回インストールしなければいけないのですか?
A.

一度インストールいただければ、他の導入事業者でも「SaAT Netizen」をご利用いただけます。
ご利用にあたっては、導入事業者ごとに「SaAT Netizen利用規約」へ同意いただく必要があります。
>>「SaAT Netizen」導入事業者一覧はこちら
>>「SaAT Netizen利用規約」についてはこちら

Q.
「SaAT Netizen」をインストールしたら、他の銀行などのホームページでも利用できるのですか?
A.

同じ「SaAT Netizen」の導入事業者であれば、他のホームページでもご利用いただけます。
ご利用にあたっては、導入事業者ごとに「SaAT Netizen利用規約」へ同意いただく必要があります。
>>「SaAT Netizen」導入事業者一覧はこちら
>>「SaAT Netizen利用規約」についてはこちら

Q.
「SaAT Netizen」のインストールを始めましたが、正常に完了できません
A.

他社セキュリティ製品やパソコン環境の影響で、「SaAT Netizen」のインストールに支障をきたしている可能性があります。
他社セキュリティ製品をご使用の方は、以下のリンク先をご参照ください。
>>他社セキュリティ製品との共存時の問題解決

パソコン環境の設定については、パソコンのサポートセンターや、パソコン環境を設定された方へお問い合わせください。

Q.
「SaAT Netizen」のインストール完了を確認するにはどうすればいいですか?
A.

インストールが正常に完了すると、SaAT NetizenはWindowsのタスクトレイ内に常駐し、アイコンが表示されます。また、保護対象のサイトへアクセスすると、SaAT Netizenの本体画面が表示されます。
タスクトレイのNetizenアイコン

起動・利用条件

Q.
「SaAT Netizen利用規約」のダイアログが表示されたのですが、どうすればいいですか?
A.

「SaAT Netizen」のインストール後、各導入事業者のホームページへ初めてアクセスした際に、このダイアログが表示されます。
SaAT Netizen利用規約画面
ダイアログから「同意する」をクリックして、「SaAT Netizen」による保護を開始してください。なお、ダイアログは導入事業者ごとに表示され、その都度同意いただく必要があります。
ダイアログから「同意しない」をクリックすると、「SaAT Netizen」による保護が開始されず、自動起動もしなくなります。自動起動に戻すには、以下のリンク先をご参照ください。
>>「SaAT Netizen」が自動起動しない場合

Q.
「SaAT Netizen」の本体画面がウィンドウの背後に隠れますが、機能は有効ですか?
A.

本体起動後、アクティブなウィンドウを動かした場合などに背面に隠れることがありますが、タスクバー内に最小化状態の「SaAT Netizen」の文字があれば、機能は有効となっています。

Q.
「SaAT Netizen」が自動起動しませんがどうすればいいですか?
A.

以下の2点をご確認ください。

《1》
タスクトレイメニューの「自動的に起動する」のチェックがONになっているかご確認ください。タスクトレイメニューは、WindowsのタスクトレイからSaAT Netizenのアイコンを右クリックすると表示されます。

《2》
お使いのブラウザが「SaAT Netizen」の対応バージョンであることをご確認ください。ブラウザは自動アップデートによって、未対応のバージョンになる場合があります。その際は、別途対応ブラウザをご使用ください。
対応バージョンの最新状況は、以下のリンク先をご参照ください。
>>各ブラウザへの対応状況

Q.
「SaAT Netizen」を手動起動にしたいのですがどうすればいいですか?
A.

SaAT Netizenの手動起動機能については、2016年11月17日(木)をもちまして廃止とさせていただきました。SaAT Netizenをご利用の際には、自動起動ONに設定してください。

自動起動ON/OFF切り替えの方法について

SaAT Netizenを自動起動せず、必要に応じて、ご利用いただく場合には、以下の手順で自動起動をOFFに設定してください。ただし、自動起動OFFの状態では、ウイルス感染等の危険性が高まります。できるだけ自動起動はONの状態でPCをご利用いただくことを推奨いたします。

  1. WindowsのタスクトレイからSaAT Netizenのアイコンを右クリックし、タスクトレイメニューを表示します。
  2. SaAT NetizenをOFFにする場合は、タスクトレイメニューの「SaAT Netizen 自動起動」の項目のチェックをはずしてください。これで自動起動がOFFの状態となります。
  3. Netizenタスクトレイメニュー
  4. 再び、SaAT Netizenを起動する場合は、タスクトレイメニューの「SaAT Netizen 自動起動」の項目にチェックを入れてください。

※ただし、SaAT Netizenを自動起動OFFに設定した場合でも、PCを再起動することで、SaAT Netizenは自動起動ONに戻ります。

Q.
「SaAT Netizen」の起動に時間が掛かります
A.

ご利用の動作環境や接続環境等によっては、起動に時間が掛かってしまう場合があります。また、実行中ソフトウェアの環境によって、動作に時間が掛かってしまう場合があります。

Q.
「SaAT Netizen」を Internet Explorer 10以上で使用するための設定について教えてください
A.

「SaAT Netizen」をInternet Explorer 10以上で使用する場合、「拡張保護モード」を「無効」にする必要があります。
※ 拡張保護モードは、初期設定で「無効」に設定されています。
Windows 7の32bit版では、Internet Explorerの拡張保護モードが搭載されていないため、以下の設定は不要です。

拡張保護モードを無効にするための手順
  1. Internet Explorer 10以上 の【ツール】ボタン(歯車のマーク)をクリックして、【インターネットオプション】をクリックします。
    インターネットオプションを選択
  2. 【インターネットオプション】ウインドウのタブから【詳細設定】をクリックします。
  3. 【拡張保護モードを有効にする】の項目を確認します。
    【拡張保護モードを有効にする】にチェックが入っていた場合は、クリックしてチェックを外して、【OK】をクリックします。
    Windows 7の32bit版では拡張保護モードが搭載されていないため、項目は表示されず、無効にする必要はありません。
    拡張保護モードを有効にするのチェックが外れていることを確認
  4. Internet Explorer 右上の【×】をクリックして、Internet Explorer を終了し、一度パソコンを再起動します。
Q.
「SaAT Netizen」の起動を確認するにはどうすればいいですか?
A.

インストールが正常に完了すると、SaAT NetizenはWindowsのタスクトレイ内に常駐し、アイコンが表示されます。また、保護対象のサイトへアクセスすると、SaAT Netizenの本体画面が表示されます。
タスクトレイのNetizenアイコン

Q.
Microsoft Edge で「SaAT Netizen」を利用することは可能ですか?
A.

はい。Windows 10より追加となりましたMicrosoft EdgeについてもSaAT Netizenは対応しております。ただし、手動起動についてはMicrosoft Edgeではご利用いただけません。
詳細な機能の対応状況については以下のリンク先をご参照ください。
>>SaAT Netizenをご利用のお客さまへ―Windows 10対応についての重要なお知らせ

操作方法

Q.
本体画面の表示位置を変えるには?
A.

本体画面のインジケータ(表示欄)やボタン以外の箇所にカーソルを合わせてドラッグすると、本体画面の位置を変えることができます。

Q.
設定画面で変更した内容が有効になりませんがどうすればいいですか?
A.

設定変更後、設定画面下の[適用]または[OK]ボタンをクリックすると、設定内容が有効になります。画面右上の[×]ボタンから画面を閉じたり[キャンセル]ボタンをクリックした場合は、変更内容が破棄されて有効になりません。

Q.
「SaAT Netizen」でパソコンのウイルスを検知・駆除するにはどうすればいいですか?
A.

「SaAT Netizen」のウイルス検知・駆除機能には、「プロセス監視」と「システムスキャナー」の2種類があります。
各機能の内容と操作方法は、以下のリンク先をご参照ください。
>>SaAT Netizenによるウイルス検知について

Q.
「以下のプログラムがインターネットに接続しようとしています」とダイアログが出ます。どうすればいいですか?
A.

「SaAT Netizen」のファイアウォール機能が、パソコン内のプログラムによるインターネット接続を検知した場合、このダイアログが表示されます。
ファイアーウォール警告画面
表示されたプログラムがウイルスなどの不正なものではないことを確認し、正常なものであれば接続の「許可」を、不信な場合は「遮断」を選択してください。
※表示されたプログラムについてご不明な点は、プログラムの提供元や、パソコン環境を設定された方にお問い合わせください。

Q.
「悪性コードが検出されました」とダイアログが出ます。どうすればいいですか?
A.

「SaAT Netizen」のプロセス監視機能が、パソコン内で活動を始めたウイルスを検知した場合、このダイアログが表示されます。
悪性コード検出画面
プロセス監視機能の内容と操作方法は、以下のリンク先をご参照ください。
>>SaAT Netizenによるウイルス検知について

Q.
「WindowsのHOSTSファイルが変更されています」のダイアログが出ます。どうすればいいですか?
A.

「SaAT Netizen」のHOSTSファイル監視機能が、該当ファイルの変更を検知した場合、このダイアログが表示されます。
HOSTSファイル警告画面
ダイアログが表示された場合の対処方法は、以下のリンク先をご参照ください。
>>SaAT Netizenから「HOSTSファイルの変更」が警告される

Q.
ホームページを利用する際、ログインIDやパスワードなどの文字入力がおかしくなることがあります
A.

「SaAT Netizen」のアンチキーロガー機能が、他社セキュリティ製品やパソコン環境などの影響を受けている可能性があります。
症状が発生した場合の対処方法は、以下のリンク先をご参照ください。
>>ウェブページ上での文字入力で異常が発生する

Q.
ホームページの表示に時間がかかったり、正しく表示されません
A.

以下の2点をご確認ください。

《1》
他社セキュリティ製品との併用時、その影響を受けて、ネットワーク通信などの動作に異常が生じている可能性があります。症状が発生した場合の対処方法は、以下のリンク先をご参照ください。
>>パソコンの動作やウェブページの表示が遅くなる/ウェブページが表示されない

《2》
他社製品と併用していない場合や、《1》以外の対処として、次の方法で症状の解消をお試しください。
・お使いのブラウザのキャッシュをクリアする
・お使いのブラウザのプラグイン(ツールバーなど)を無効化する
・他の「SaAT Netizen」対応ブラウザを使用する

ブラウザ表示の異常例

Q.
ネットにアクセスすると「次のプログラムにこのコンピューターへの変更を許可しますか。 プログラム名:ASDFramework. 2.5 発行元: AhnLab.Inc.」という表示がでてくるがこれは何ですか。
Netizenダイアログ表示例
A.

これは、SaAT Netizenのサービスがアップデートモジュールを実行しようとして表示されるユーザーアカウント制御です。
SaAT Netizenのアップデートは、SaAT Netizenのサービスがアップデートモジュールを起動させて行います。
通常、SaAT Netizenのサービスがアップデートモジュールを起動し、正常にアップデートが完了すればユーザーアカウント制御は表示されません。しかし何らかの要因で、アップデートモジュールの起動に失敗した場合、再度アップデートを起動させようとする動作に対し、WindowsOSがユーザーアカウント制御を表示し、アップデートモジュール実行を許可してよいか、ユーザーに許可を求めます。
このNetizenのアップデート実行に伴うユーザーアカウント制御にお客様より許可を指定していただくと、Netizenのアップデートは実行され、アップデート完了と共にSaAT Netizenが起動(通知領域にNetizenのトレイアイコンが表示)されます。

多くは一時的な事象であるため、ユーザーアカウント制御が繰り返し表示されることはございません。
なお、アップデートモジュールの実行には管理者権限が必要です。一般権限でご利用の際は、ユーザーアカウント制御の許可を指定する際に管理者アカウントのパスワードが必要となります。

その他

Q.
パターンファイルの更新はいつされるのですか?
A.

SaAT Netizenはパソコンの起動中、定期的にアップデートの情報を取得します。取得の結果、必要があればSaAT Netizen本体のパターンファイル(ウイルス検知用の情報ファイル)も自動的にアップデートされます。

Q.
インターネットバンキングなどのホームページ操作やログイン方法、その他サービス内容について問い合わせたいのですが?
A.

ホームページの操作やサービス内容に関するお問い合せは、ご利用の各金融機関のお問い合わせ窓口へご連絡ください。
SaATサポートセンターでは、SaAT Netizenの製品に関するお問い合わせのみを受け付けております。事業者へのお問い合わせ窓口へ転送もできませんので予めご了承ください。